社会は、人間と人間によって形成されている。企業が極端な利潤追求に走ると、社会からの搾取を強め、結果として信頼を落とし、損をする。カリスマ経営学者のリンダ・グラットン氏は『未来企業』で、〈企業がどれだけの関心を持って近隣とのつながりをどこまで強めようとしているかは、物理的なオフィスの設計に表れるだけでなく、従業員による地元への支援の仕方にも表れる〉と強調する。そして具体例として、ヤクルトを紹介する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。