経団連が5年ぶりに政党への政治献金の再開を決めたが、評判はいまひとつだ。経団連会長の榊原定征(東レ会長)は8日の記者会見で再開を「社会貢献の一環」と説明したようだ。だが、どうひいき目に見ても、求心力を高める首相の安倍晋三へのすり寄りとしか映らない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。