映画「モンドヴィーノ」の監督ジョナサン・ノシターが、今度は『ワインの真実』を書いた。副題の「本当に美味しいワインとは?」が示す通り、頻出する「テロワール」(気候や地形、土壌といった地域環境など)という言葉を通して、飲み手のみならず、造り手や業界関係者に対し、おいしいワインとは何かを問い掛ける。中でも、ワインの試飲を通じての醸造家や業界人たちとの会話には迫力があり、読み応え十分だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。