勉強法のこつは、勉強の仕方が上手で、かつ実績を挙げている人の技法をまねることだ。東京大学法学部を首席で卒業し、財務省に2年勤務した後、現在は弁護士として活躍する山口真由氏の勉強法は参考になる点が多い。山口氏は読書を中心にして知識を身に付けることが効率的と考えている。その理由について『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』でこう説明する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。