1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受け入れ、米国をはじめとする連合国に無条件降伏した。この太平洋戦争の敗北を機にわが国は、連合国最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)の占領下に置かれることになった。GHQは、日本が戦争へと突き進んだ経済的基盤は、寄生地主制と財閥にあると考えた。そこで、占領当初から、地主制を解体する農地改革と財閥解体に、力を入れて取り組んだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。