かつて、長距離の優等列車には食堂車が必ずといっていいほど連結されていた。車内で駅弁を食べるのも楽しいけれど、わざわざ食堂車まで足を運び、テーブル席で車窓を眺めながら出来たての温かい食事をするのは何ともぜいたくな時間だった。しかし、人件費の高騰や利用客の減少などの理由から食堂車は廃止が続き、定期列車で今残っているのは、北海道へ向かう夜行寝台列車のみとなった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。