2013年10月に鳴り物入りでデビューしたJR九州の九州一周超豪華寝台列車「ななつ星in九州」は、ほぼ1年たった今でも衰えることのない人気が続いている。ある駅からある駅までの移動手段という列車ではなく、乗ること自体を楽しむというコンセプトはまさしく豪華クルーズ船の在り方を、そっくり線路を走る列車に移し替えたものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。