JRの寝台列車の衰退が止まらない。2009年春をもって東京駅から九州方面へのブルートレインが全滅し、14年3月には上野駅発青森駅行き(羽越本線、奥羽本線経由)「あけぼの」の定期運行が取りやめとなった。これをもって、豪華さが売り物ではない「普通のブルートレイン」は全廃である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。