来年の事を言えば鬼が笑う。再来年の事なら大笑いかもしれないが、長野県上田市では今、2016年に始まるテレビドラマの話題で持ち切り。NHKが大河ドラマの第55作として、「真田丸」を制作するからだ。上田は真田一族ゆかりの地であり、人口16万人弱の静かな城下町が観光特需を取り込もうと熱くなっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。