明治末期、殖産興業にまい進する日本が1901年、北九州に「八幡製鐵所」(当時・官営製鉄所)を設立したのは、教科書で習ったことがあるはずだ。だが、その八幡製鐵所で、国産初の鉄道レールが製造されたことはあまり知られていない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。