相続は“争続”といわれるくらい、親族でもめるケースが多い。だが、備えをすることで、ある程度、軽減することは可能だ。そのためには、相続財産をいくらで評価するか、誰がどれくらい相続できるか、相続税はいくらになるのかなど、基本を押さえておいた方がいい。難しいと思われがちだが、次の六つのステップに沿って進んでいけば、意外に簡単だ。ここに用意した書き込み式のシートをプリントアウトして、チェックしたり、計算してみるといいだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。