先進諸国で長期金利が著しく低下している。10年国債の利回りがアメリカでは2.5%を割り込んでおり、ドイツでは1%割れになった。金利低下は、日本で特に顕著だ。10年国債の利回りは、2010年から12年初めには1%から1.5%程度の間にあったが、13年6月以降ほぼ傾向的に低下し、最近では0.5%を割り込むまでになった。これほどの金利低下が何を意味するのか、それに対して何をなすべきかについて、さまざまな議論が行われている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。