圧倒的に読ませる、早見和真『イノセント・デイズ』。死刑囚、田中幸乃の死刑が執行されるところから、この物語は始まっていく。さまざまな人の証言を積み重ねて、この死刑囚の人生をその誕生からたどっていくのだ。すると、無知な17歳のホステスが母親だったとか、養父から虐待を受けていたとか、不良仲間に入って窃盗をしていたとか、そういう外側から見た「駆け足の紹介」が彼女の真実を何一つ伝えていないことが浮かび上がってくる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。