4月1日に大手建材メーカーの大建工業社長に就任した億田正則は、営業マンとしてのキャリアが長いからか押し出しがいい。ドラッカーを引き合いに出すことにも、理由がある。現在進行中の中期経営計画では、「新設住宅着工件数に依存しない経営体質への転換」を強く打ち出した。将来も成長していくためには、新規ビジネスで“柱”となる製品やサービスを開発することが、もはや待ったなしの状況になっているからである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。