多くの日本人が政治に対する関心を失っている。2009年の自民党から民主党への政権交代への期待が大き過ぎたことに対する反動と思う。民主党政権の功罪についてきちんと総括しておかないと、民主主義の基盤そのものが溶解してしまう危険がある。山口二郎・法政大学教授は『民主党政権とは何だったのか』で、〈自民党と比べて、民主党の政治家は秀才タイプが多いですね。官僚を批判しながらも、ある意味で官僚と似た発想をしてしまう。ベスト・アンド・ブライテストとして政策を作れば、他の人も理解してくれるし、実現して当然というような、ある意味で自己中心的な発想が民主党政権にはあったと思いますね。いろんな人がいろいろな利害関係を持っていて、それをさばくのが政治に他ならないという考えがあまりなかった〉と言う。的確な指摘と思う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。