1941年12月に始まった太平洋戦争は、日本が総動員体制で臨むことになった初めての戦争であった。銃後の国内工場で最大限の生産力を発揮させるため、戦時経済統制が徐々に強化された。一連の統制は、企業の統治の在り方(コーポレートガバナンス)にも大きな影響を及ぼすことになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。