そごう(現そごう・西武)でトップを務めた水島廣雄氏が7月28日、102歳で亡くなった。日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)を経て、1958年に業績不振に陥っていたそごうの副社長に転身。4年後に社長となり、以降40年近くトップに君臨した。社長就任当時のわずか3店舗から、91年には30店舗にまで拡大、日本最大の百貨店チェーンに育て上げた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。