業績が回復しファミレス各社は、店舗改装投資を再開している。ファミレスが提供するのは料理だけではない。きれいで清潔感にあふれ、ゆったりとくつろげる空間が客を引き付ける。7月2日に改装オープンしたデニーズ鶴ヶ島店(埼玉県)では、天井を高くすると同時に客一人一人がゆったりくつろげるよう座席数を114席から97席へと15%削減した。効率は落ちるが、それでも改装後には売上高が増えた。他にも隣の客が気にならないよう随所に目隠しを設けるなど工夫が満載。最新店舗に施された技術を紹介する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。