事業再編は、あくまでも各企業が独自判断でやっていくべき。国が環境を整備するのは歓迎ですが、再編をも主導するというのは、私は誤りだと思っています。第一次高度化法で各社が製油所閉鎖や設備廃棄を進めたことから、国内の精製能力は約2割削減されました。全国の設備稼働率は2009年度の75%から13年度は79%に改善し、14年度は80%台に浮上するのは間違いない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。