人手不足の遠因として、バブル崩壊後に働き方が変化したことも指摘したい。正社員中心から非正規社員中心の雇用が増えたさなか、景況感が改善し、労働力の需給がタイトになったのである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。