いまや当たり前の商品でも、実はセブン-イレブンで初めて売られた、という商品は少なくない。おにぎりの具の定番、「ツナマヨネーズ」を初めて発売したのもセブンなら、赤飯をワンハンドで食べられる形にして初めて売り出したのもセブン。サラダを「カップサラダ」にして出したのも、ざるそばを中食の棚に仲間入りさせたのもセブンが最初だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。