甲子園の思い出といえば、2年夏の決勝戦(常総学院戦)のこと。三塁を守っていた深瀬猛さんが準々決勝の習志野戦で右肩を脱臼し、三塁で先発出場することになったのだ。捕手の控えに打撃のいい人がいたので、その人が一塁に入り、片岡篤史さん(元阪神)が三塁を守ると思っていた。先発出場は寝耳に水のことだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。