「could(可能性がある)」が21回、「but(しかし)」が20回、「would(だろう)」が11回、「might(かもしれない)」が7回、「if(もしも)」が13回――。8月22日に行われたイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の「ジャクソンホール講演」について、パンテオン・マクロエコノミクスのイアン・シェファードソン主任エコノミストは“あいまいな表現”を数え上げた。そして「FRBが確実に知っているのは今日が木曜日ということだけだ」と、その慎重な姿勢をやゆした(実際には、“今日=22日”は金曜日だった)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。