アメリカの元財務長官ローレンス・サマーズが述べた長期停滞論が論議を呼んでいる。彼は、リーマンショック後のアメリカ経済の成長率が2007年ごろに想定されていた成長路線よりかなり低くなっていることを重視し、自然利子率が低下しているとの仮説を提示している。そして、従来行われていた自然利子率推定作業を最近まで引き延ばすと、10年ごろ以降の自然利子率はマイナスになっているとの結果を示した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。