2000年代半ばから米国でのシェールガス開発が急速に進んでいる。2007年のシェールガス産出量は天然ガス全体の8%程でしかなかったが、2011年には全体の30%に達しており、2040年には半分以上を占めるようになると見込まれている。また、2020年には天然ガスの純輸出国となるとも予想されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。