経常赤字とは、国内の需要が供給を上回っている状態である。国全体の所得以上に消費している状態、といってもよい。人口の高齢化が進むと、生産は減るが、消費はなかなか減らないため、経常赤字となりやすくなる。これ自体は「経済の発展段階的に不可避」(白川浩道・クレディ・スイス証券チーフ・エコノミスト)である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。