国際情勢がきな臭くなっている。ウクライナ、イラク、パレスチナなどでの紛争は、実質的な戦争に拡大しつつある。その中で大きな意味を持つのが、主権国家として宣言しても、国際社会から認められない未承認国家だ。パレスチナやウクライナ東部のドネツク人民共和国、ハリコフ人民共和国などの未承認国家と国境を越えるテロ組織アルカイダ、イラクとシリアの一部地域を実効支配するが主権国家としての宣言をしない「イスラーム国」のような武装集団が国際社会の不安定要因になっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。