6月26日に社長に就任した井上治夫が、三菱UFJニコスに籍を置くのは2度目のことだ。1度目は、前社長の和田哲哉と共に三菱東京UFJ銀行から転籍してきた4年前のことで、常務として経営企画を担当した。当時は改正貸金業法の完全施行に加え、前年末の割賦販売法の改正もあり、クレジットカード業界は猛烈な逆風に見舞われていた時期である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。