日韓の二大鉄鋼メーカーが法廷で激突したのは、2012年10月。新日鐵住金が、方向性電磁鋼板の製造に関する営業秘密を不正取得したとして、ポスコと旧新日鐵OBに約1000億円の損害賠償を求めた訴訟が始まった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。