韓国全土の平均所得水準ランキングで、4年連続で不動の1位に輝く街がある。首都ソウル市ではない。韓国南東部に位置する片田舎の港町・蔚山(ウルサン)市だ。その理由は、財閥系の大企業が多数本社を構えているのもさることながら、年間生産台数800万台を誇る韓国最大手の自動車メーカー、現代(ヒュンダイ)自動車グループの城下町だからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。