ソウル市郊外の仁川(インチョン)国際空港から程近い工業団地に、ステンレスのような鈍い光を放つ建物と、広大な製薬工場の建設予定地が広がっている。所有しているのは「サムスンバイオロジクス」。2011年に設立されたこの会社では、サムスングループが米バイオ製薬会社のクインタイルズ社と業務提携し、医薬品の受託生産や開発を専門にする新ビジネスに着手している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。