経済の高度化に伴い、消費の比重はモノからサービスへ移っていく。衣食住が満たされれば、ヒトはそれ以外の「楽しみ」にカネを使うようになるからだ。その代表が観光である。未曽有の人口減少時代を迎え、政府は訪日外国人2000万人を目標に掲げ、全国の自治体が国内外からの観光客を奪い合う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。