内閣府は経済財政諮問会議に提出した試算で、平均2%の実質経済成長率が実現する経済再生ケースでも、2020年度までの財政のプライマリーバランス黒字化目標は達成できないとした。この平均成長率はバブル崩壊後経験したことがなく、民間からは楽観的との声が上がっている。今後の少子高齢化の進展を考えると、実際、非常に高い水準だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。