今、英語を学ぶということは、「リンガフランカ」を身に付けることだといえます。リンガフランカとは、多くの人にとっては母国語ではないけれど、国の境界を超えたコミュニケーションのために使われる共通言語のこと。ネイティブのように流ちょうに話せるようになることが目的ではなく、あくまでも異文化、異言語の人が互いを理解し合うための共通言語です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。