朝日新聞が8月5日と6日の両日にわたって掲載した「慰安婦問題を考える」は、過去の報道に関する検証記事である。今回の検証記事がなぜ、いまなのか。そして、その意図とはなにか。朝日の社説をはじめとする歴史問題などについて、社論に変化はないのか。そうした視点に立ってみるとき、朝日の紙面から屈折した報道姿勢の光がみえてくる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。