海外に住むインド人の数は推定2500万人以上だ。米国や英国、サウジアラビアなど世界中の主要国に広がっている。現代のインド移民は、英国による植民地支配時代の19世紀、貧しい人々が労働力として英国本土や、その植民地に移住したことに端を発する。1970年代は中東のオイルブームに乗り、湾岸諸国に向かい、90年代は米国のITブームで、大勢が渡米した。現在、インド人は、在米外国人のうち、人口規模で第3位だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。