掃除ロボット「ルンバ」、全地球測位システム(GPS)、軍用機のステルス技術、アイフォーン搭載のタッチパネルと人工知能「Siri」、そしてインターネット――。一見関わりがないかに見える製品や技術だが、実は共通点がある。いずれも、ある米政府機関が「生みの親」なのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。