ソクラテスの言葉「無知の知」は、知っていないことを知るの意ですが、これが名言たり得たのは、“回転運動”があるからです。つまり、知ると知らないことが分かり、さらに知ればさらに知らないことが分かる。『ドラッカーと論語』も同じ問題意識が貫徹します。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。