最近、日本人と日本社会が劣化していると危機感を抱く人が増えている。政治学者の白井聡氏は、『日本劣化論』で反知性主義が劣化を端的に示す現象と考えこう述べる。〈もともと反知性主義に対抗するのが啓蒙主義とか教養主義だったんですが、それはすでに失効してしまっています。それらが崩壊したからこそ、反知性主義が跋扈してきている。(中略)反知性主義者に届く言葉はそもそもあるのか疑問です。というのは、反知性主義というのは、知性が不在だということではなくて、知性への憎悪ですから〉

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。