米国からの石油輸出が増加している 。2013年の輸出量は、石油製品が2000年の3.5倍、原油も2008年の4倍に拡大した。背景には、①シェールオイル(タイトオイル)の増産による国産原油の供給増加、②カナダのオイルサンド由来の原油生産増加に伴う米国への輸出増加、③自動車の燃費向上に伴うガソリン需要の減少、がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。