「ハローキティ」の誕生40周年に当たる今年、サンリオは後継者問題に大揺れだ。創業者で54年もの間トップに君臨してきた辻信太郎社長(86歳。写真)の長男、辻邦彦副社長が昨年11月に急逝したのだ。辻社長は今期の株主総会で、邦彦氏にいよいよバトンを渡そうと水面下で準備を進めていただけに、社内外に大きな衝撃が走った。不測の事態に株式市場は容赦ない。一時は6000円台に付けていた株価が、2000円台に暴落したほどだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。