食品の回収は、日常的に行われている。残留基準を超えて回収される食品を「猛毒」などと表現する報道もあるが、健康影響は考えられないことがほとんどだ。回収には、アクリフーズの事件のように体への影響が懸念され迅速に対応すべきものと、健康影響はないが法律違反であり再発を防ぐべきものがある。消費者にとってはその見極めが肝心だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。