父親は娘のことをいつまでも子どもだと思っているのだろうが、思春期を迎えた娘はそうした子ども扱いが許せない──。残念ながら思春期の娘と父親というのは、価値観が恐ろしく違い、人生の中でも最も共通の話題が少ない時期だ。話題の接点がないから、どうしても会話が減る。その結果、娘のことがよくわからなくなってくる。さらに、一人のビジネスマンとしての視点に立ってみても、流行の発信地であるティーンズの生活実態は気になるところ。近くて遠い、知りたくてもなかなか本音が探れない、そんな「娘の頭の中」を解明していこう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。