「自分は何がやりたいのか?」その答えが明確になっていて、新しい会社が有能な人材を積極的に活用するようなチャレンジングな所なら、迷うことはありません。思い切って飛び込んでみてはどうでしょうか。うまくいかなかったとしても、あなたは30代前半とのこと。積み重ねた経験は、きっと後々、自分の血肉となります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。