霞が関は人事の季節。万人が納得する人事はあり得ず、毎年悲喜こもごもである。鳴り物入りで発足した内閣人事局がどう影響するのか注目していたが、キャリア官僚の内部秩序が概ね守られる結果となった。ただし、「最強官庁」を自他ともに認める財務省(旧大蔵省)の人事では、「政治主導」が影を落としている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。