「国内株式の比率は20%でも高過ぎない」と発言したと報じられた6月3日付「日本経済新聞」のインタビューについては、「国内債券が30~50%でも違和感がない」とは言ったが、他の数字については言及していない。「計算の結果、(国内株式が)20%になればそうなるが、まだ決まっていない」と述べたら、そのように報じられた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。