「サントリーを担当できるようになったら一流の仲間入り」。広告業界には、そんな暗黙の了解がある。サントリー宣伝部は佐治敬三元社長が専務時代の1951年に開設され、後の芥川賞作家・開高健、直木賞作家・山口瞳といったそうそうたるメンバーが宣伝部員として勤務した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。