昨年、人口減少問題を考える上でエポックメーキングともいえる出来事が起きた。結婚していない男女間の子ども(婚外子)の遺産相続分を、法律上の夫婦の子ども(嫡出子)の半分とする民法の規定をめぐり、最高裁判所が“違憲”と判断したからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。