人口減少の原因は終戦直後の政策にあった──。そう分析しているのは、旧大蔵省で大臣官房審議官などを務めた後、政策研究大学院大学で人口問題を研究している松谷明彦名誉教授だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。