今回が初調査となる「2014年好評だったインターンシップランキング」は企業が公募するものを調査対象とした。参加した学生は4割近く(38.0%)と、半数以上の学生は参加をしていない(62.0%)。そのため全体のポイントは新卒採用力ランキングの個別項目と比べて少ないが、インターンシップの趣旨通り、学生の評価は「仕事理解に役立った」「業界理解に役立った」に集まる結果となった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。